遮熱

輻射熱をさえぎる遮熱材
今では建物に断熱施工をするのは一般的となっています。断熱材も色々な種類のものがあり、日々進化を続けています。ただどんな断熱材を使っても輻射熱を遮ることはできません。それは熱の種類が違うからです。
輻射熱を遮るためには遮熱材が必要なのです。真夏の炎天下で遮熱材を取り付けた建物の実験では、取り付けない場合と比べて屋根裏の温度が最大9℃低下し、冷房に必要な消費電力の18∼27%の低減が期待できます。

輻射熱とは
熱は3種類に分類することができます。
輻射熱
遠赤外線など電磁波の形で伝わる熱のこと。
太陽の自然な暖かさ、薪ストーブなどの熱も輻射熱です。電磁波ですからストーブなどの熱源と人との間に冷たい空気層があっても関係なく、物質を直接暖めることができます。
夏には太陽熱で熱せられた建物の壁や屋根から熱が放出され、夜になっても部屋の中の温度が下がらないのはこの輻射熱によるものなのです。
伝導熱
カイロで手を温めたり、フライパンを火にかけると熱くなるような直接触れることで熱が移動することです。
対流熱
温風ヒーターやドライヤーなど空気を媒体に熱が伝わることです。

おすすめの遮熱材
至道工業がおすすめするトップヒートバリアーはもとは宇宙産業から生まれたアルミ純度99%を使用した皮膜で輻射熱を98%反射する性能を有しています。
これまで住宅は屋根や壁に断熱材を入れ、夏の暑さや冬の寒さから家を守ってきました。ただし、グラスウールなどの断熱材は対流熱や伝導熱はある程度防げるものの、輻射熱を遮ることはできませんでした。トップヒートバリアーは薄いシートですが、魔法瓶の内側に張られた鏡のように熱を反射して太陽から発せられる輻射熱を住宅内に入れない働きがあるのです。

デマンド値を下げる
デマンド値というのは最大需要電力のことです。
電気をたくさん使う高圧受電をされる場合の電気料金というのは基本料金計算にこのデマンド値が大きく関わってきます。
どういうことかと申しますと、30分ごとに計測されている電気使用量で一番使用量の多かった時の値(デマンド値)がその後1年間を通して基本料金の計算に使用されるわけです。 

【遮熱施工前】のグラフはその様子を表しています。

【遮熱施工後】のグラフはトップヒートバリアーを施工することでデマンド値が下がったことを表しています。

電気代を約30%下げる効果が期待できます。
トップヒートバリアーは夏場の屋根からの熱量をなんと95%カットします。
そしてコンクリート建物、折板屋根、農業用ビニールハウス、鶏舎や牛舎、配電盤などあらゆる場所や物に施工できますので場所や用途に応じて効果的に遮熱をすることができます。

トップヒートバリアー遮熱工法が支持される訳

屋外用遮熱工法

遮熱材は100年以上の歴史が有り、屋外の建物等に遮熱材を使用すれば太陽光わ95%以上も反射、省エネに大きく貢献できることは知られていました。しかし、反射率が高いが故にピカピカと鏡の様に反射、様々な問題を引き起こし、これまで屋外では使用する事が出来ませんでした。
トップヒートバリアー遮熱材表面に特殊な乱反射層を形成する事に成功、これらの問題を一挙解決、屋外のあらゆる建物や設備に施工が可能となりました。

【トップヒートバリアー屋外用遮熱工法の特徴】

(1)工事費が安い
 ①僅か、0.1~0.2㎜のトップヒートバリアー遮熱材を屋根に密着して貼る工法なので安価に施工可能です。
 ②折半屋根の凹凸が300㎜ピッチ以下なら、0.3㎜のトップヒートバリアーを両面テープでフラットに貼ることが可能で、遮熱塗料と比較すると格段に安価な施工が出来ます。

(2)性能が高い
 ①夏場、鉄板屋根材は80℃にもなりますが、トップヒートバリアー遮熱材0.2㎜を貼ると表面温度が40℃も低下、素足で歩ける状態になります。
 ②従って、一般的に30%程度の省エネが可能です。

(3)トップヒートバリアー遮熱材の性能が長時間持続
 ①年間反射率低下は僅か0.8%程度、10年で10%程度の低下と長期間性能が持続します。

(4)太陽光を遮熱材表面で乱反射(世界初)
 ①遮熱材表面で太陽光が乱反射しますので、反射光による人間や動物、鳥類の目を傷めることなく生態系への影響がない。
 ②反射光がマンション等に照射されて引き起こされる訴訟の発生要因がありません。
 ③飛行場近隣でのヘリコプターや飛行機等の航空障害を起こす恐れもありません。

(5)遮熱材の耐久性が長い
 ①耐久性は10年
 ②10年経過したら、既存遮熱材を剥がす事無くその上に再施工が出来ます。
 ③遮熱材は紫外線も反射するので、遮熱材を固定する接着剤や両面テープの劣化が極めて少なく、接着強度も低下しにくくなります。

(6)腐食に強い
 ①特殊表面処理が塩害等を防止できるので、海の近くでも安心して使用できます。
 ②特殊表面処理が酸性雨に対応できます。

(7)既存屋根材の劣化が進みにくい
 ①多くの施工は、屋根材と遮熱材が密着し空気に触れないので、屋根材の腐食の進行が少なくなります

(8)耐荷重が大きい
 ①耐荷重が大きく、豪雪地帯でも全く問題ありません。
 ②直貼り工法は、勿論の事、フラット貼り工法でも人間が乗っても可能な強度があります。

(9)施工可能期間が長い
 ①フラット工法に使用する両面テープは、気温0℃~80℃でも使用可能ですから年間を通して施工できます。
 ②直貼り工法は、接着剤使用となりますので鉄板温度が40℃以下迄施工可能です。

(10)水分透過率0%
 ①遮熱材は、水分透過率が0%で雨水を完全にシャットできます。  JIS A6111 防水試験

(11)ゼロエネルギー融雪が可能
 ①豪雪地帯の切妻屋根等の倉庫では、室内に熱源が無くても雪降ろしが不要の屋根とすることが出来ます。
 ②熱源は、地球表面から出る僅かな熱です。

(12)補修等が簡単
 ①屋根材に機械設備を取り付ける場合等、必要が在ればその部分だけカットする事が出来、修復も可能です。  
 ②万一、飛散物等で遮熱材表面が破損しても、その部分に別の遮熱材でパッチ当てすれば簡単に補修が出来ます。